後期研修医募集|都城市郡医師会病院 救急科

都城市郡医師会病院 救急科

都城市郡医師会病院救急科後期研修プログラム


はじめに
 救急医を志望する医師だけではなく、広く知識、技術を身に付けたいと考えている医師にとって内科、外科を問わず研修し若い時に総合的な臨床力をつけることは将来どんな科に進むにおいても重要です。当院では救急科に所属しながら外科、脳神経外科、麻酔科、循環器科等など幅広い分野において、自由に選択を希望する科を月単位、年単位でローテーションすることも可能です。


プログラムの目的と特徴
 当院救急科の特徴としては総合的な救急総合診療(ER)から集中治療管理(ICU)まで、そして循環器領域における心臓カテーテル検査から、外科領域におけるAcute Suregryまで広く知識、技術を習得できることである。またドクターカーによるプレホスピタルでの活動を積極的に行っており病院で待っているだけの救急ではなく攻めの救急を行っている。プレホスピタルから集中治療まで幅広い知識と技術を身に付けつことができ臨床医として一人で完結できる臨床力をつけることが目標である。


研修の目標

(1)診療スタンスからみた年次目標
以下に示す。各年度終了時までには年次目標に到達していることが望ましい。
1年次 ・ 一定期間の監視下の診療*
     ・ ER 診療独特のアプローチ法の修得
・ 重要症候の鑑別診断の修得
・ 主に walk-in 患者の診療
・ 選択された救急搬送患者の診療
・ 手技の修得
2年次 ・ 指導下での診療(疑問例、要注意例等での指導)
・ 複数患者の同時診療
・ Walk-in 患者、救急搬送患者ともに診療
・ 手技の修得
3年次 ・ 独立した診療(疑問例、要注意例等での指導)
・ Walk-in 患者、救急搬送患者ともに診療
   ・ 診療現場の統括
   
* 監視下の診療とは、後期研修医の診療現場に ER 医が立ち会うこと、または後期研修医が患者を診察した直後に、ER 医への症例提示を義務付けることを指す。報告を受けた ER 医は、自ら診察するのを原則とする。この期間は少なくとも3か月間必要である。それ以降は、個々の後期研修医の能力に応じて ER医が適当と判断した時点で監視を解くが、疑問のある例、注意を要すると施設で定めた例、初めて経験する疾患ないし症候を有する例等については、積極的に ER 医の指導を受ける。


研修計画の概要

救急外来診療    
 日中の救急車、walk in患者について内因性、外因性を問わず急性期病態で受診する患者の初期診療を行います。特に重症患者の初期診療についてはチーム医療のリーダーとして機能できる救急医の育成を目指す。
夜間当直帯については都城救急医療センター業務をカーバーしwalk in患者、救急車搬送患者についての初期診療を行い、入院が必要な患者については専門診療科へのコンサルトまたは主治医となり病院での治療を行う。

救急科入院患者の診療  
 多発外傷、中毒、その他の既存の診療科で扱わない病態を中心に入院患者の管理や集中治療を習得する。また救急外来にて担当した患者については専門診療科の指導のもと担当医または主治医となり治療を行うこともある。

病院前診療    
 当院はドクターカー活動しており救急災害現場における医療活動を習得する。スタッフドクターの認定にて単独で活動し病院外治療のリーダーとしての役割を担う。

救急科以外での研修
 救急科での基本研修は6ヶ月と定め、それ以外の期間については希望する診療科を一つないし2つ選択し研修することもできる。ただし救急科以外の研修期間においても夜間の救急医療センター業務については継続して行う。

院外研修
 DMAT訓練、または災害訓練については積極的に参加する。
関連学会(日本救急医学会、日本臨床救急医学会、日本外傷学会、日本集中治療学会)等への参加